外山喜雄とデキシーセインツ こちらへ移動しました

日本ルイ・アームストロング協会公式ウェブサイトTOPにも多くの記事があります!! 

2009年05月20日

外山喜雄&恵子

日本ルイ・アームストロング協会公式ウェブサイトTOPにも多くの記事があります!!  こちら

satchmosai.JPG


外山喜雄、恵子(とやまよしお、けいこ)
外山喜雄(トランペット、ボーカル、サッチモ、ニューオリンズ&ジャズ・エッセイスト、オールドジャズ16mmフィルム・コレクター)、恵子(ピアノ、バンジョー)
ユーチューブ映像

YouTube マイ動画

デキシー、スイング等のオールド・ジャズに生きるジャズ夫婦。
外山喜雄は1944年、東京生まれ。中学二年の頃からジャズに興味を持ち、トランペットを購入。早稲田大学政経学部入学後すぐにニューオリンズ・ジャズ・クラブに入り、ピアノ・バンジョー奏者の夫人、外山恵子と出会う。


Toyama Yoshio Keiko 1973 Tp and Face 20%.JPG


卒業後結婚。損保会社に就職した頃に来日したジャズ楽団によってジャズ熱が再燃。
68年夫婦でブラジル移民船に乗り込みニューオリンズへ。以後、通算5年に渡り、ジャズの故郷でジャズを学び、ヨーロッパ、アメリカ各地を演奏旅行する。


yoshio keiko Prreservation Hall rehearsal.JPG


「外山喜雄とデキシー・セインツ」(75年結成)のライブ、コンサート活動を中心に、随筆、ジャズ評論等の執筆活動も行っている。1983年開演から23年間、東京ディズニーランドの人気グループとして出演、1998年から2006年3が月までニューオリンズ・スクエアで演奏。
日本ルイ・アームストロング協会(ワンダフルワールド・ジャズ・ファウンデーション)会長。同協会の活動として、1994年以来、ジャズを与えてくれた、また夫妻が5年間のジャズ武者修行をさせてもらったニューオリンズと、アメリカへのお礼の気持ちを込め、ニューオリンズの子供達への楽器プレゼントの運動を進めている。この運動により、2005年外務大臣表彰を受ける。ニューオリンズ市名誉市民。現在は2005年ハリケーン・カトリーナで被災したニューオリンズ支援の運動を拡げている。
外山喜雄のボーカルは、あのルイ・アームストロングにそっくり。日本のルイ・アームストロングとして、2003年以来、毎年ニューオリンズで開催されるサッチモサマーフェスト・ジャズ祭に13年連続招待され出演している。  

playing Satchmo's Birthday Cake Cut 2006,8,4.JPG

日本で唯一のオールド・ジャズ16mmフィルムのコレクター(1929年から1967年)としても知られる。
著書に『聖者が街にやってくる』(冬樹社)、訳書に『独断と偏見のジャズ史』(スイングジャーナル社)、『ニューオリンズ行進曲』外山喜雄、恵子共著(冬青社)『聖地ニューオリンズ聖者ルイ・アームストロング』外山喜雄、恵子共著(冬青社)がある。

WYNTON.jpg

外山喜雄のボーカルは、あのルイ・アームストロングにそっくり。”日本のサッチモ”と呼ばれ、日本コロンビア、キング、米GHB、JazzologyからCDが出ている。そのほかNHKみんなの歌ベスト40,ディズニーアルバム(日本語)等にも収録曲があり幅広い活動をしている。

PDF

デキシーセインツ、または外山喜雄が制作に関わる
これまで発表されたアルバムです。CD-Album.pdf(全リストは下方に掲載)
ご購入・お問合せはsaints@js9.so-net.ne.jpまで

外山喜雄とデキシーセインツ
昭和50年、本場ニューオリンズでジャズを学んだジャズ夫婦、外山喜雄、恵子を中心に結成された世界に活躍するデキシー・グループ。
デキシーランドジャズからスイング・ジャズまで、幅広いポップなレパートリーと、楽しいショーマンシップが人気を博している。ジャズの本場、アメリカ仕込みのリズム感と、23年間の東京ディズニーランド出演で鍛えられたショーマンシップ。ジャズ・プレイヤー、一人一人のフレッシュな名人芸。そして外山喜雄の”サッチモ”ばりのボーカルが、新感覚のデキシーバンド、外山喜雄とデキシーセインツの魅力を生み出し、加えて紅一点、ピアノとバンジョーの外山恵子が、このバンドにハイセンスなアクセントを添えている。
このバンドの特徴は、何といっても”楽しい”こと。最近では、メンバーにジャズ界を代表するメンバーを加えた、強力なグループとして活躍、本場ニューオリンズのサッチモ・サマーフェストに5年連続出演、その他日本、アメリカのジャズ祭でも人気を博している。

出演コンサート、レコード、等リスト


出演コンサート

(日本)ネム・ジャズイン、日比谷サマージャズ、オーレックス・ジャズ祭、ジャズエイド、宮崎フェニックス・ジャズイン、旭区ジャズ、横浜ジャズ・プロムナード、神戸ジャズストリート、今治ジャズタウン、ジャズの街宇都宮ミヤジャズイン、長野門前ジャズストリート、日比谷サマージャズ他多数。

(アメリカ)サクラメント・ジャズ祭、ニューオリンズ・ジャズ・アンド・ヘリテイジ祭、マナサスジャズ祭、デンバー・ジャズサミット、ロスアンゼルス・クラシック・ジャズ祭、ロスアンゼルス・スイート・アンド・ホット・ミュージック・フェスティバル、サッチモ・サマーフェスト2003−2008。

レギュラー出演
住所  千葉県浦安市美浜1−6−9
 新浦安オリエンタルホテルB1   
最寄駅    JR京葉線新浦安駅 徒歩1分
電話  047−381−5207
ほぼ毎週金曜日8:00PM〜10:00PM

銀座スイング、銀座ナッシュビル、浅草ハブにレギュラー出演。
この他都内有名ジャズクラブに出演。



出演テレビ、ラジオ、インターネット


多数−NHK”音楽は恋人”、”ときめき夢サウンド”、“FMセッション505”、FM“ジャズクラブ”他。
フジ”知ってるつもり”ルイ・アームストロング特集ゲスト。

レコード、CD,LD
(日本)

レコード
キング『アルトン・パーネルと外山喜雄とデキシーランド・セインツ』
テイチク『ジム・ロビンソン・バースデイ・メモリアルセッション 外山喜雄、恵子』
テイチク『デュエット:ドン・ユール/外山喜雄』
東芝EMI『サッチモ・フォーレバー』
東芝EMI『セントルイス・ブルース、外山喜雄とデキシーランド・セインツ』
RVC ビクター『ザ・セインツ』

CD
日本コロンビア『 What a Wonderful World 』COCC-13558
ポニーキャニオン『ジッパディデューダがいっぱい』PCCD-00072 
キング『 Sir Charles Thompson Show Case 』KICJ-324 
キング『Dixie Magic Bibbidi Bobbidi Boo』KICJ-410
キング『For Satchmo』(サッチモに捧ぐ) KICJ-411

レーザーディスク
パイオニアLDC『ニューオリンズ』

(海外)
米国GHB『 Alton Purnell 』
米国GHB 『Jim Robonson Birthday Memorial Session / Yoshio & Keiko Toyama
米国Jazzology 『 Duet/ Yoshio Toyama and Ralph Sutton 』
米国Jazzology『 Don Ewell with Dixieland Saints 』
米国Jazzology 『 Duet/ Yoshio Toyama and Don Ewell』
米国Jazzology『 Wild Bill Davison in Japan 』


放送、子供
NHK みんなの歌 『デキシー・ワンダーランド』
NHK みんなの歌 『そらとぶくじら』
フジテレビ ポンキッキーズ 『ワット・ア・ワンダフルワールド』
ポニーキャニオン 『ディズニー・ソング・アルバム(ジッパ・ディー・ドゥーダ日本語版)』
ポニーキャニオン 『ジッパ・ディー・ドゥーダがいっぱい』
ポニーキャニオン 『不思議な国のマザーグース』
共演したミュージシャン、バンド
ジム・ロビンソン、ジョージ・ルイス、フランク・キャップ、
ボブ・ハガート、トラミー・ヤング、ローランド・カーク、
ジョー・ダレンスバーグ、アンドリュー・ブレイクニー、
ブッチ・マイルス、レイ・ブライアント、ベニー・カーター、
ドン・ユール、ラルフ・サットン、サー・チャールス・トンプソン、
ズティー・シングルトン、J・C・ヒギンボサム、ワイルド・ビル・デビソン、
クリス・バーバー、ケン・コリアー、ジミー・スミス、他多数。

日本ルイ・アームストロング協会公式ウェブサイトTOPにも多くの記事があります!!  こちら


posted by saints at 23:59| Comment(21) | TrackBack(0) | 外山喜雄&恵子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてのメ−ルです(74才のSatchimoフアン)。
かなり以前に <Jim Robinson Birthday Memorial Session Featuring YOSHIO & KEIKO TOYAMA> のオリジナルCDを購入しておりまして、ご夫妻のこと存じ上げております。
メ−ルしましたのは、このCDの復刻版をだされてはの思いがつよく、ほっておくのはもったいない。Jim の賞賛コメントにもありますが、ほんとに素晴らしい!!。特に KEIKO さんのバンジョ−は Happy です。

以前に収集した資料に、NHK放送で(radio)(1978/05/04)大和 明さんによる解説で Satchimo特集番組があり、今日聞き直しても古くないことを発見して、これも復刻推奨ものではないかと。

お二人の生演奏が楽しめるようで、そのうち、うかがわさせていただきます。


Posted by Toshihiro Ichimori ( 一守 俊寛) at 2009年06月23日 19:58
一守様 コメント、ありがとう御座います!
ジム・ロビンソンのセッションは今も、米GHBで発売されています。そのほかにも、結構色々と出ていまして、9枚のもなります!!!http://www.jazzology.com/search.php?search=toyama
ジム・ロビンソンのセッションは、とてもとてもニューオリンズ土着の素朴なスタイルの演奏です。1973年、、、だったと思いますので36年前、ニューオリンズの古老ジャズメン達と、私達二人です!!懐かしいです。ジムのCDは、在庫が今少ないですが、ご連絡いただければお送りできます。
今後とも応援して下さい!!! 外山喜雄 恵子
Posted by at 2009年06月23日 23:04
初めてコメントさせていただきます。
と言っても、2004年頃、TDLの年パスを持っていて、
よくTDLのショー等を撮影して、
転勤で首都圏から離れた姪に、よくビデオを送っていました。
土曜日に、外山さん達のショーも撮影させていただき、
一緒に送った事を思い出しました。
一度、姪と妹と一緒に写真撮影をお願いして、快諾して一緒に写っていただいた事もあります。
TDLでの演奏をされなくなったとの事。
行く楽しみが1つ減ったなー・・・
私自身も、04年12月25日に埼玉から引越し、
広島を経て地元に戻っています。
当時は、子どももいなかったのですが、
現在双子の母として、毎日格闘しております。
お体に気をつけて、これからも頑張って下さいね。
乱筆乱文、失礼いたしました。
Posted by ムーミン at 2010年06月24日 02:06
ムーミンさん コメント有り難うございます!
私達も、イクスピアリでの演奏、TDL時代を想い出して楽しんでいます。小さい子供達に式をしてもらったり、オモチャの楽器を使ってジャズを演奏したり、、、、毎週金曜日には新浦安駅前のオリエンタルホテル地下のハブで演奏しています。また、是非いらっしゃってください!!
Posted by 外山喜雄 at 2010年06月26日 13:25
今日、初めてイクスピアリでライブを見ました。
感動して涙が止まりませんでした。
デキシーランドジャズが自分の中の何かに
反応したようです。
ずっと舞浜には通っているのに。
何で今まで外山さんの事を知らなかったのでしょう?
きっとどこかで演奏を耳にしていたに違いないのですが。
今日出会えた事が不思議です。
感動をありがとうございます。
これからはライブの予定をチェックして伺いたいと思います。
本当に素敵でした。感動をありがとうございます。
Posted by kumiko at 2010年07月05日 01:03
Kumiko様 大変嬉しいコメントを、本当に有り難う御座います!イクスピアリでの演奏、、、小さな子供達からお年寄りまで、、、多くの皆様にデキシーランド・ジャズの楽しさを味わっていただく、素晴らしい機会!! 私達も心から演奏を通じた皆様との気持ちの通い合いを、楽しませていただいています。
40年前、ジャズの故郷ニューオリンズでジャズ修行5年間、1983年から23年間のTDL出演(ファンタジーランドで15年、アドベンチャーランドのニューオリンズ広場で8年、、、)ニューオリンズで、そしてTDLで多くの大切なことを学びました。ジャズは楽しいモノ、、、スイングするモノ、、。
どうぞ今後とも、私達の仲間達のジャズで、“心をスイング”させてください!
Posted by 外山喜雄 at 2010年07月05日 12:49
実は僕も昨日イクスピアリで初めて歌声を聴かせていただきました。「わぁ、声もフレーズもサッチモそっくり!!」と思っていましたが、まさか協会会長さんとは・・・脱帽です。

3人の子供(ちなみに「バンジョー」・・・って小さい声で言ってた女の子とその兄妹)も親の道楽に付き合わされながらそれぞれ楽しんでいたようです。

人生に音楽があることの幸せを改めて感じさせてもらえた時間でした。

これからもご夫婦での精力的な活動を期待しております。応援させてください。
Posted by かたやま at 2010年07月06日 01:47
初めまして!台湾からの書き込みです。

実はTDLが好きで、留学先はまっすぐ明海大学を選びました。
そして、カフェ・オリンズ前に演奏していたジャズバンドが好きなために2年間続けて年パスを購入し、週2〜3回通っていました。
ショー終了前に誕生日を迎えるゲストに歌うジャズHappy Birthdayやオリンズのダンスは最高でした。

私にとって、TDLの思い出といえば、1位はカフェ・オリンズと外山さん達のジャズ演奏。2位はカリブの海賊とカフェ・オリンズの間の路地。

外山さん、そしてバンドの皆さん、2年間素敵な午後を作っていただき、大変感謝しています。

今度日本に行くことがあったら、ライブのほうをお邪魔させていただきます。応援しています。

ちなみに、私は20s、30sのジャズが大好きです。
Posted by Kai at 2010年08月16日 17:38
Kaiさん コメントありがとう!! TDL、ニューオリンズ広場での8年間かな?私達が演奏したのは、、、楽しい毎日でした。(私はその前、パーリーバンドという、ボタンが一杯のバンド、、メリーポピンズのフェアグラウンドのバンド、、、を15年やりました、、、これも楽しかったです!!
いまは、TDLの出演は終わって、でも、時々、付き3度ほどのペースで、イクスピアリにHappy Dixie Sixとして出演していますよ。
また、浦安のハブで毎週金曜日出演。
先週までニューオリンズのサッチモサマーフェストに出演していました。Youtubeで、Yoshio Toyamaと入れて頂くと、結構映像が出てきます。
是非、また、ライブに来てください。
外山喜雄
Posted by 外山喜雄 at 2010年08月16日 18:36
こんにちは。初めまして。
先日、イクスピアリでライブを拝見しました。
とても楽しかったです。またお伺いしたいと思います。
これから寒くなりますけど、頑張ってください。
Posted by ちゃんふな at 2010年11月08日 16:36
ちゃんふな さん
有り難うございます!!
また、いらっしゃって下さい。
出演日、スケジュール等は、こちらです。
http://www.ikspiari.com/ent/index.html
Posted by 外山喜雄 at 2010年11月08日 16:55
つかぬことを伺いますが、イクスピアリでご出演の際、物販などはされないのでしょうか?
家でも聴きたいのですが。
Posted by ちゃんふな at 2010年11月10日 08:07
御世話になっております
私のブログに 外山様のこと書かせていただきました。(ご了解くださいませ)
ブログ『井上和弘の経営道場』

井上和弘
Posted by 井上和弘 at 2011年01月26日 12:02
井上様!  有り難うございます。新刊ご本のお知らせ拝見しました。購入させて頂きます! 応援、感謝いたします。
Posted by 外山喜雄 at 2011年01月26日 12:27
ディズニーランドへ遊びに行った時に何度か
演奏を聞かせていただきました。
もう20年以上前になると思いますが、今は亡き母と最初で最後のディズニーランドへ行ったときに、母と聞いて母が喜んでいたのを、覚えています。
今は別のところで、演奏されていますが、また聞きに行きたいと思います。
Posted by 栗原有紀子 at 2011年03月28日 19:43
学院の同期からの連絡で、昨夜NHKを視ました。貴兄のすばやい行動に頭が下がります。何も出来ない自分がここにいます。
Posted by 松田 一彦 at 2011年10月12日 05:53
松田さん ありがとうございます!! 長い間、ニューオリンズとアメリカにお世話になったお礼に、ニューオリンズの子供達、、、、サッチモの孫達、、、に楽器を贈ってきました。今回の思いもかけない大震災、、、今度は、ニューオリンズの皆さんが、今度は私達が皆さんを助ける番、、、と立ち上がってくれました!! 本当に感激でした。気仙沼の子ども達、、、、バンドが復活して良かったです。今度11月26日、ドルフィンズはディズニーランドとイクスピアリに出演する予定です!!!
Posted by 外山喜雄 at 2011年10月13日 22:06
こんにちは。ペンネーム・ジョリーと申します。

子供の頃、東京ディズニーランドのパーリーバンドが大好きでした。先日その事をブログに書いたところ、読者の方からホームページを教えて頂きました。ひとことあの頃のお礼が言いたくてコメントさせて頂きました。私の大切な思い出です。本当にありがとうございました。今もバリバリ活躍されているんですね。とても嬉しいです。これからも心から応援させて頂きます。またイクスピアリなどでお見かけできるといいなと思っています。
Posted by ジョリー at 2012年05月24日 22:11
ジョリーさん!! 有り難うございます!東京ディズニランドは、パーリーバンドで15年、その後ニューオリンズ広場のカフェオーリンズのロイヤルストリート6、計23年いました!! 最初にサッチモに会ったのが約50年前ですから、サッチモに50年、ディズニーにその半分25年くらい、、、アメリカを代表する偉大なお二人に仕えることが出来て、嬉しいデス!!
今発売のディズニーファン、、、見て下さい。対談に参加しています。
最新ニュース http://wwjf.seesaa.net/article/271497829.html
Posted by 外山喜雄 at 2012年05月25日 00:10
2017.08.27の富士見高原ピクニック・コンサートで思いがけず外山さんのデキシー・キングスを聴けて嬉しかったです。CDにサインまで頂きました。浦安・浅草HUBで何度かコンサートを聴きましたが、定年後田舎暮らしを始め、山梨小淵沢に移住してからは聴くことも叶わないものと思って居ました。お話では白州にも何度か出演されたそうですね。”SHOWCASE”のCDも持って居ますが、トンプソン氏が昨年亡くなられたことは残念です。彼を初めて知ったのは、故黛敏郎氏の「題名のない音楽界」でした。ジャズの歴史を、夫々の年代のスタイルで弾き分けて呉れたのを覚えています。パノラマでの写真をお送りしたいのですが・・・・。
Posted by 目黒 俊作 at 2017年09月01日 09:39
コメント:
有難うございます。楽しい時間でした。
saints@js9.so-net.ne.jp
にご連絡ください。
サインさせていただいたこと、覚えています
Posted by saints at 2017年09月01日 10:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
外山喜雄とデキシーセインツ こちらへ移動しました。 日本ルイ・アームストロング協会公式ウェブサイトTOPにも多くの記事があります!!  こちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。